協和界面科学cbvp a3 – Equipments

自動表面張力計 cbvp-a3 協和界面科学

[PDF]

表面張力計 (協和界面科学㈱cbvp-a3) 何が測定できるのか? 構成 実績 ・液体の表面張力、界面張力が測定できる。

界面科学測器の協和界面科学|協和界面科学は、コーティングプロセスにおける様々な問題に最適なソリューションをお届けします。接触角計や表面張力計において、国内メーカー唯一50年以上の販売実績を誇る当社でしかできないことがあります。

よくある質問|協和界面科学は、コーティングプロセスにおける様々な問題に最適なソリューションをお届けします。接触角計や表面張力計において、国内メーカー唯一50年以上の販売実績を誇る当社でしかできないことがあります。コーティングプロセスで求められる様々な特性を、界面科学

当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

[PDF]

塗料の表面張力は協和界面科学社製自動表面張力 計CBVP-A3を用いてWilhelmy法(プレート法)により 25℃の条件下で測定した。 2.2.3 表面自由エネルギー算出 濡れの指標として表面自由エネルギーを用いて評価 を行った。

[PDF]

乳化しやすさの尺度とした界面張力は協和界面科学製 自動表面張力計cbvp-a3型(測 定原理:ウ ィルヘル ミー法)を 用いて25℃ で測定した。ここで界面張力を, できるだけ乳化時の条件に近くするために,油 相と水相 を接触直後の界面張力を測定した。

「ものづくり企業を強力にサポート」あなたの創造力を育てます。良きパートナー、orist!

「ものづくり企業を強力にサポート」あなたの創造力を育てます。良きパートナー、orist!

考える際には,間隙径のほかに溶液物性として液体の表面張力が必

高度な化学分析及び科学的な解析が必要です。 当社ではこれらに用います 各種分析・解析機器を所有し 正確且つ敏速な分析・解析管理を行っています。

CBVP-A3 型. 協和界面科学株式会社製. 紫外可視分光光度計. U-1900 Spectrophotometer. HITACHI 製. 分光蛍光光度計. EP-6200ST. 日本分光製. 音叉振動式( SV 型)粘度計. SV-10A. 株式会社エー・アンド・デイ製. pH メーター. pH213 型卓上 pH 計. ハンナインスツルメンツ

[PDF]

性をTable2に 示す.重 油/水系の界面張力γ。ωは, ウィルヘルミー法(協和界面科学(株)製,CBVP-A3型) により測定した. 重油の石炭に対する接触角θowには,試 料石炭粉を 1.77×108Paの 圧力で成形したペレット***を30min の間水中に浸し,そ の後ペレット下面にFig.2の よう

[PDF]

界面活性剤水溶液を作成する場合,以上の方法で作った水溶液をメスフラスコを用いて蒸 留水で希釈して作成した。 1.2実験装置と方法 表面張力はウイルヘルミー法(協和界面科学製,CBVP-A3型表面張力計)で測定した。 測定装置の概略をFig.1に示す。

協和界面科学株式会社のカタログ一覧です。無料でダウンロードできます。協和界面科学株式会社は、ぬれ性,接触角の解析をはじめ界面科学のプロ集団として他の追随を許さない高度な技術とサービスをご提供します。(受託測定も対応) 当社の接触角計,表面張力計は,多くの納入実績

DropMaster(ドロップマスター)シリーズは, 接触角計 です。接触角測定を基本に,解析ソフトウェアFAMASとの組み合わせで,動的接触角(拡張/収縮,滑落)・界面張力の測定や表面自由エネルギー解析も可能です。液体と固体のぬれ性・親水性・撥水性・剥離性・接着力の評価などに利用され

※1 部分めっきは、マスク治具・テープマスクによるめっきの他、リード接続部のみの厚付も可 ※2 用途に合わせた組み合わせで、片面ずつ別の仕様でめっきが可能

また、 ペンダントドロップ法により液体の表面張力・界面張力も測定可能です。転落角測定から吸着エネルギーを算出することもできます。 全自動表面張力計 cbvp-z (協和界面科学㈱製) 【特徴】

協和界面科学製のプレート法測定装置(cbvp-a3型)のアナログ出力に高精度直流信号増幅器(gain 100)を接続した。0~1VFSの電圧を信号変換器でRS232C形式のデジタル信号に変換してパソコンをデーターロガーとして自動測定した。

当法人は、(地独)大阪府立産業技術総合研究所と(地独)大阪市立工業研究所が統合し、平成29年4月1日にスタートしました。研究開発から製造まで、企業の開発ステージに応じた支援を一気通貫で提供し、大阪産業の更なる飛躍に向け、大阪発のイノベーションを創出します。

[PDF]

プライマリ材樹脂液の表面張力は,表面張力計(協和 界面科学(株)製facesurfacetensiometer cbvp-a3)を使用し,樹脂温度が23℃から120℃の範囲 で測定した.また,プライマリ材樹脂液の石英ガラス基板 に対する接触角は,接触角計(協和界面科学(株)製

[PDF]

自動表面張力計 CBVP-A3型 協和界面科学株式会社製 紫外可視分光光度計 U-1900 Spectrophotometer HITACHI製

シーエムシー出版は最新の産業情報をお届けいたします。カバーする情報エリアは、ファインケミカル、バイオテクノロジー、新素材から環境、医療等まで多岐にわたり、常に各分野をリードする技術・市場情報レポートとして、企業における読者ニーズを的確に把握し、提供しております。

協和界面科学(株) cbvp-a3 : レーザー回折・散乱粒度分布計: 島津製作所(株) sald-2000a : レーザー粒径解析装置(動的光散乱法) 大塚電子(株) par-iii : 電気抵抗式粒度分布測定装置: シスメックス(株) sd-2000 : フロー式粒子像分析装置: シスメックス(株

[PDF]

2.2界面特性の評価 sDS及びpoly(E-MA)を溶解した水溶液の界面特性の 評価を行った。種々の界面活性剤濃度に調整した水溶液 の界面張力を、有機溶媒にヘプタンを用いてWilhelmy 紘(cBVp-A3型表面張力計,協和界面科学製)により

[PDF]

②水―油相間の界面エネルギーはWilhelmy 法を原理とする表面張力計(協和界面科学、 CBVP-A3)で測定した。 (5) 獲得界面エネルギーEgの算出 エマルション油滴の粒径分布の実験結果 から、ザウター平均半径d32(Sauter mean radius、半径の3 乗の総和/半径の2 乗の総

自動表面張力計 CBVP-A3 協和界面科学 (2台) 自動表面張力計 A3 協和界面科学 (2台) 動的表面張力計 BUBBLE PRESSURE TENSIOMETER-BP2 スピニングドロップ式界面張力計 Model 300 University of Texas at Austin 表面圧計 HBM-A 協和界面科学

[PDF]

本研究は,融点温度100℃以下の潜熱蓄熱物質をナノサイズで水中に微細化分散した,微細 ています.この種の流体は,微細化分散した物質が凝固しても流動性を保ち(写真上),融解潜熱

[PDF]

256 日本食品科学工学会誌 第53巻 第5号 2006年5月 (20) た. 実験方法 シェ,レ材となる脂肪酸を液状}、溶融し,ここに芯物質で

[PDF]

CBVP – A3: 型(協和界面科学) 超音波ホモジナイザ・ VXC – 500 ( Sonics ) 研究内容: ナノ環境熱流体システム研究 温泉熱,地熱,工場・プラント排熱などの比較的低温(

表面張力計:協和界面科学製 cbvp-a3 パーティクルカウンター:rion製 kz-30w,kl-11 電気化学測定機:北斗電工製 hz5000 詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

印字はA4判サイズに断裁した記録媒体に、市販されている720dpiのインクジェットプリンタで行なった。インクは表面張力30dyn/cm(協和界面科学社製表面張力計CBVP−A3にて測定)のマゼンタインクを

各種サンプル溶液を表面張力測定装置(協和界面科学(株)SURFACE TENSIONMETER CBVP−A3)の台座に固定し、自動的に白金プレートを移動させ、プレートが液面に触れたときの表面張

各種比率で混合したアセトン/イオン交換水溶液に作製した樹脂粒子を静置状態で浮かし、ビーズが沈降し始めた混合溶液の表面張力を表面張力計(協和界面科学株式会社製、CBVP−A3)で計測し、その値を表面張力値とした。 【0067】

自動表面張力計 CBVP-A3 協和界面科学 (2台) 自動表面張力計 A3 協和界面科学 (2台) 動的表面張力計 BUBBLE PRESSURE TENSIOMETER-BP2 スピニングドロップ式界面張力計 Model 300 University of Texas at Austin 表面圧計 HBM-A 協和界面科学

〒649-6261 和歌山市小倉60 tel. 073-477-1271 fax. 073-477-2880

【0012】試験例1実施例1で調製した蛋白複合体の表面張力を測定した。すなわち、それぞれ蛋白複合体の0.1%水溶液を調製し、Wilhelmy法によって、表面張力計(協和界面科学製、CBVP-A3型)に白金プレートをつけて測定した。

従来のものに比べて粒径が小さい、0.07〜2.0μmの平均粒径を有する球状キトサン微粒子、およびその製造方法を提供する。 – 球状キトサン微粒子およびその製造方法 – 特開平7−25905 – 特許情報

これらは、主成分である界面活性剤により表面張力を低下させ湿展性を得るものであり、例えばポリオキシエチレンソルビタンエステル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステル等のノニオン界面活性剤(特開昭49-30539号

(57)【要約】 【目的】 半導体基板を過酸化水素系洗浄液で洗浄する 際の金属不純物の基板表面への付着を防止する。 【構成】 酸性もしくは塩基性の過酸化水素水溶液から なる洗浄液にホスホン酸系キレート剤と界面活性剤を添 加する。 【効果】 洗浄液が金属不純物により汚染されても、基

漁業への転職希望急増-大阪でマッチング会、生きがい求め幅広い年代が参加 シジシージャパン、 .. 協和界面科学、粉体素材向け解析装置を発売-液体浸透度を 精密測定 .. 協和界面科学、定量評価装置を開発-ガラスの曇り度判定 続きを見る

DyneMaster(ダインマスター)シリーズは, 表面張力計 です。コーティングや洗浄アプリケーションで発生する表面・界面現象の問題解決において,幅広く確実な評価が可能です。協和界面科学が製造販

特許請求の範囲 【請求項1】 (A)遅延反応性構造を有するシロキサンオリゴマーと、(B)カーボンブラック顔料と、(C

特許請求の範囲 【請求項1】 (A)下記一般式(1) 【化1】 (式中、R 1 はアルキル基又はフェニル基、R 2 はアルキル基、R 3 はアルキレン基、R 4 は1価の有機基を示し、nは0~2の整数、mは0又は1である。 で示されるアミン変性エポキシ系シランの加水分解生成物及び/又はその誘導体である

協和界面科学(株) 【mcaシリーズ】は、微細面での液体と固体のぬれ性・親水性・撥水性・剥離性・接着力・浸透性・洗浄性の評価などに利用される自動極小接触角計。揮発の速い微小液滴には高速画像取

この表面張力は、例えば、共和界面科学株式会社製の表面張力計を用い、垂直平板法によって測定することができる。』〔下記(2)d参照。〕と記載されており、これと異なる解釈をすべき事情も見当たらない。

【特許請求の範囲】 【請求項1】 シートベルトウェビング付与用の低摩擦化処理剤であって、かつ、平均分子量が600~6000のポリテトラメチレングリコールと、二塩基酸と一価脂肪酸とからのエステル化物で、平均分子量が2000~15000であるポリエーテルポリエステルを含有することを特徴とする

[PDF]

愛媛県産業技術研究所 技術開発部 接触角計 本装置は、基材と液体の接触角を測定する装置です。 仕 様 メーカー名

【0004】従来から界面活性剤として実用化されている化合物では、その水溶液は通常20dyne/cm程度、低くても高だか15dyne/cmという値の表面張力を示すことが判っている。

[PDF]

256 日本食品科学工学会誌 第53巻 第5号 2006年5月 (20) た. 実験方法 シェ,レ材となる脂肪酸を液状}、溶融し,ここに芯物質で

[PDF]

本研究は,融点温度100℃以下の潜熱蓄熱物質をナノサイズで水中に微細化分散した,微細 ています.この種の流体は,微細化分散した物質が凝固しても流動性を保ち(写真上),融解潜熱

[PDF]

CBVP – A3: 型(協和界面科学) 超音波ホモジナイザ・ VXC – 500 ( Sonics ) 研究内容: ナノ環境熱流体システム研究 温泉熱,地熱,工場・プラント排熱などの比較的低温(

技術に関する情報を探すならアスタミューゼ。こちらはインクジェット記録方法、インクジェット記録用前処理液およびインク組成物(公開番号 特開2009-202596号)の詳細情報です。関連企業や人物を把握すると共に解決しようとする課題や解決手段等を掲載しています。

[PDF]

③表面張力計(cbvp-z:協和界面科学社製)を用い、 白金プレート法による23℃での塗料の静的表面張力を 測定した。 2.5 表面自由エネルギー算出 接触角計(dm 500:協和界面科学社製)を用い、乾 燥後の塗膜表面に対する水および流動パラフィンの接

それを20回反復し、倒立して水和剤を分散させ、希釈液とする。CBVP式表面張力計A3型(協和界面科学株式会社製)により希釈液の表面張力を20℃で測定する。その結果を表1~2に示した。

特許請求の範囲 【請求項1】 抗菌性金属成分と該抗菌性金属成分以外の無機酸化物とから構成される微粒子が分散してなる抗菌性無機酸化物コロイド溶液であって、固形分濃度が1.0重量%の該コロイド溶液の波長500nmにおける光透過率が50%以上であることを特徴とする抗菌剤。

受理溶液の表面張力は、上記の有機溶剤及び上記界面活性剤を適宜選択することにより調整することができる。なお、本発明における表面張力は、測定温度25℃にてWilhelmy法(協和界面科学製 型式:CBVP−Z)で測定された値である。

特許請求の範囲 【請求項1】 実質上セルロースのみから成る、水に対する接触角度が50°以上であることを特徴とする

【発明の名称】点眼剤 【出願人】日油株式会社 【課題】シアノコバラミン及びポリヘキサメチレンビグアニドまたはその塩の両者を有効量配合でき、殺菌性能を長期間維持すると共に、優れた防腐性及び抗眼精疲労効果の両立を安定的に長期間維持することが可能な点眼剤の提供。

[PDF]

表面張力の測定は,協和界面科学製 face cbvp-zに より行った.試料水溶液は,調製後一晩静置してから測定 を行った.cmcの決定は,静的光散乱法により行った.大 塚電子製sls-7000により散乱角度90°方