ナーゲルスマン監督 – <注目監督インタビュー> ユリアン・ナーゲルスマン 「ドイツ …

概要

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表fwアーリング・ハーランド

去る2017年3月、スロイデルは『Goal』のインタビューに応え、そもそも監督の仕事に足掛かりを得ることになった経緯や彼がナーゲルスマンに感服

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと会談を行ったようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が13日に伝えている。 去就

著者: SOCCER KING

日曜日に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦では、ファンらによる開始15分間にわたる沈黙の抗議への注目が集まっていたが、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は「もちろん開始からそうなればと望んでいたが、しかしその後の雰囲気に関しては素晴らしく良いものがあったよ

ブンデスリーガ ナーゲルスマン監督が来季終了後にホッフェンハイム退団、新天地はライプツィヒ 2年以上前

さてこのユリアン・ナーゲルスマンとは誰なのか。 www.bundesliga.com ブンデスリーガ史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任し、今季はチームを4位に導いたドイツのトップコーチである。 若い監督による革命が始まったドイツサッカー界。

「考えて走るサッカー」の本質

そして翌シーズンから予定通りユリアン・ナーゲルスマン監督が着任し、自身はまた本来の裏方業務に戻ったが、スポーツディレクターも同時に退任。同7月より、レッドブル社のサッカー開発部門「Head of Sport and DevelopmentSoccer

国籍: ドイツ

Sep 11, 2018 · ナーゲルスマンは柔軟なマッチプランを持つことで知られており、チームに新しい刺激を与え、発展させることができる」と。 ナーゲルスマンが移籍発表後、『エルフ・フロインデ』誌に語った言葉は、彼の驚くべき成熟ぶりを示している。

ただその一方でナーゲルスマン監督は、より多くの練習を行うことができていた開幕時の方が、チームの状態として「明らかに良かった」ともみ

カッセルにて行われた国際トレーナー・コングレスに参加した、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は、今シーズンの展望について「バイエルンを苦しめられるだけの力は持っていると思う」とコメント。「しかしバイエルンばかりが重要なわけではない。

29歳ナーゲルスマン監督の目指すスタイル(2017.04.06) 【順位表】ブンデスリーガ 【iPhone版】スポーツナビ公式アプリ 海外サッカーのニュースが

そんな状況にも、ナーゲルスマン監督は「ドイツ杯初戦でも相当盛り上がっていたし、いい経験になった」と振り返り、「うまく準備することが

ユリアン・ナーゲルスマンの経歴と戦術. ナーゲルスマン監督は選手としてのキャリアは短いものでした。 1860ミュンヘンとアウクスブルクのそれぞれの2軍でプレーしたましたが、負傷により20歳の若さで

ライプツィヒはナーゲルスマンを獲得するために、一年間は過渡期だと我慢している。その間ラルフ・ラングニクが1年間監督を務めているのだ。 ではドルトムントはどうしてそれが出来なかったのだろうか?“それはドルトムントに聞いてみないとね。

29歳の監督がブンデスの文化を覆す。 ツヴァイカンプフ(1対1)なしにボールを奪う――。 ことさらに「デュエル」の重要性を説く日本代表の

rbライプツィヒ率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、レッドブル・ザルツブルクに所属するfwアーリング・ハーランドとのミーティングに手応えを感じたようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている

現役時代はマインツの選手として クロップに師事 し、ナーゲルスマンと同じく ラングニックから指導者のノウハウを学んだ 一人で、クラブの中心選手であるギンターも「練習での激しさはクロップ監督が求めていたものだった」と語っている。

若き新鋭ユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムは、昨季ブンデスリーガで成功を収めたクラブの1つ。なぜ彼らが初の欧州カップ

ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督と選手の間に溝ができたようだと、2日に独紙ビルトが以下のように報じた。 ナーゲルスマン

ナーゲルスマン 特にシステムについて語られることが多いであろうナーゲルスマンにとってこれは監督という役割において小さな事柄のようだ。 トゥヘル(ドルトムント元監督)の弟子であることから彼のサッカー感が垣間見れる。

May 22, 2019 · ユリアン・ナーゲルスマン(Julian Nagelsmann)/ 1987年7月23日生まれ、ドイツ出身。プロを目指してサッカーをプレーしていたが、20歳のとき、2007-08シーズン途中に現役から退いた。

そして、ナーゲルスマン監督も同選手とのミーティングについて言及。「できるだけ良い英語で、私の考えるサッカーを説明しようと努力した

まだ32歳と若いナーゲルスマン監督は、1860ミュンヘンu-17を指揮した後、2010年にホッフェンハイムu-17や同u-19の監督を歴任し、今季から

May 22, 2019 · 上の写真=2019-20シーズンからRBライプツィヒで指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン。ホッフェンハイムの監督として最後となった2018-19シーズンは9位(18チーム中)の成績を残した (取材・構成/アンドリュー・ハスラム 翻訳/山中忍 写真/gettyimages)

フランクフルトのmf長谷部誠(35)と、2日に対戦したホッフェンハイムのナーゲルスマン監督の間にいざこざがあったと、3日付ビルト紙が報じた。

今後、監督の戦術が多様化することで選手が求められる能力も多様化するだろう。 選手の成長を促す事も出来る理想の監督像. ユリアン・ナーゲルスマンの真骨頂はテクノロジーを使ったサッカーにある。

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がレッドブル・ザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ホランドと交渉したことを明らかにした。13日、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。 リーグ戦でだけでなく、チャンピオン Continue reading “去就気になるホランド、ライプツィヒ監督

2015-16シーズン、ブンデス史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任した、ナーゲルスマン監督。この若い青年監督の現役選手時代や、監督としての特徴などについてまとめてみました。

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表fwアーリング・ハーランド

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、ザルツブルクに所属するfwアーリング・ブラウト・ホーランドとのミーティングに

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと会談を行ったようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が13日に伝えている。 去就

2015-16シーズン、ブンデス史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任した、ナーゲルスマン監督。この若い青年監督の現役選手時代や、監督としての特徴などについてまとめてみました。

RBライプツィヒ率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、レッドブル・ザルツブルクに所属するFWアーリング・ハーランドとのミーティングに

joeに掲載されたユリアン・ナーゲルスマン監督インタビューの後編になります。前編では、彼に訪れた怪我による選手キャリアの終焉と最愛の父の死という悲劇、そこから立ち直る過程、そして指導者としての歩みが紹介されていました。後編では、当初の予定を前倒ししてホッフェンハイムの

ナーゲルスマン監督はフォクトの役割を、アメリカンフットボールのクオーターバックにたとえる。 「フォクトは視野が広く、フリーのスペース

しかしドイツ専門誌『キッカー』によると、試合後、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督らが、長谷部の振る舞いを厳しく批判をした。80分にナディム・アミリがピッチ上で負傷した際、長谷部は時間稼ぎだと怒りを露にした。

ナーゲルスマン監督が就任し、夏の移籍市場で戦力も充実させた2019-20シーズンは個人的に注目のシーズンだと感じています。 uefaチャンピオンズリーグでもダークホースとして是非とも注目したいクラ

今後、監督の戦術が多様化することで選手が求められる能力も多様化するだろう。 選手の成長を促す事も出来る理想の監督像. ユリアン・ナーゲルスマンの真骨頂はテクノロジーを使ったサッカーにある。

そして今、そのブームは新たなステージに入ろうとしている。10月27日、ホッフェンハイムは来季の監督に、28歳のユリアン・ナーゲルスマン(1987

ユリアン・ナーゲルスマン rbライプツィヒの監督 国籍 ドイツ 年齢 32 監督経歴 2016年2月、ドイツのホッフェンハイム の監督に28歳で就任。 ブンデスリーガの史上最年少の監督となった。 2019-2020シーズンより、rbライプツィヒの 監督に就任。

15/16シーズンの終盤戦、残留争いに苦しむホッフェンハイムの指揮官に就任して以来、奇跡の1部残留、トップ4フィニッシュ、cl出場権獲得など数々の驚きを世界に発信してきたユリアン・ナーゲルスマン監督。経歴、そして指導哲学が語られたインタビュー記事がjoeというメディアに掲載されて

FOOTBALL TRIBEユリアン・ナーゲルスマン監督 写真提供:GettyImages ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がレッドブル・ザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ホランドと交渉したことを明らかにした。13日

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、バルセロナへの憧れを語った。 32歳ながらトップチームで3シーズンを指揮し、世界中から高い

ここまで挙げた ナーゲルスマンの攻撃戦術のポイントは相互に関わりが深く、併用することで効果が乗算されていく 。「wbを押し上げて前線に4~5人を並べ、後方からロングボールを放る」と簡単に説明されることも多いが、そんな単純なものではない。

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、バルセロナへの憧れを語った。 32歳ながらトップチームで3シーズンを指揮し、世界中から高い

彼の後継者問題の答えはアルミン・フェーとユリアン・ナーゲルスマンかもしれない。 wazによると、ドルトムントはナーゲルスマンと契約を結ぶことを強く望んでいる。この30歳の監督はまだ2021年まで契約が残っており、バイエルンも狙っている。

また、ナーゲルスマン監督の指示の伝え方がまた面白かった。 従来は監督はテクニカルエリアの目一杯に出て大声を出して伝える。 しかし、ナーゲルスマン監督は選手にメモを渡し、試合中に選手同士でそのメモを回して、伝えていた。

ライプツィヒ指揮官、ハーランドとの交渉は「うまくいったと思う」(超ワールドサッカー)rbライプツィヒの指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表fwアーリング・ハーランド(19)

そして、その後任候補にライプツィヒを率いるナーゲルスマン監督が浮上したようだ。だが、ナーゲルスマン監督は今季からライプツィヒの監督に就任したばかりで、2023年まで契約を残している。

ブンデスリーガの史上最年少監督であるホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が昨年7月下旬にドイツ最優秀監督に選出されたことが国内外で大きな話題を呼んでおり、クラブを史上初となるclの舞台に導いた同監督の手腕に注目が集まっている。

この変化について、rbライプツィヒのceoを務めるオリヴァー・ミンツラフは、今シーズンから監督に就任したユリアン・ナーゲルスマンの存在が

そして、ナーゲルスマン監督も同選手とのミーティングについて言及。「できるだけ良い英語で、私の考えるサッカーを説明しようと努力した」と明かす指揮官は「ある程度上手くいったのかなと思う」と手応えを感じている様子を示している。

rbライプツィヒの指揮を執るユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表fwアーリング・ハーランド(19)との交渉を振り返った。イギリス『デイリー

ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がレッドブル・ザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ホランドと交渉したことを明らかに

ユリアン・ナーゲルスマン【写真:Getty Images】 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを率いるオレ・グンナー・スールシャール監督の後任候補にライプツィヒを指揮するユリアン・ナーゲルスマン監督が浮上した。

cat_3_issue_oa-goal oa-goal_0_a4687163164a_ナーゲルスマンの後任監督スロイデルとは何者? ホッフェンハイムの歩む道は a4687163164a 0

またホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、「彼はおそらく今晩、ベッドに入って、そして自分がしたことが本当に正しいことなのか考えるだろう。 私はキャプテンを務めていたのだから、正しい振る舞いを心がけて欲しかったと思う。

ライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督がザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと会談を行ったようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が13日に伝えている。 去就が注目を集める19歳のハーランドは11日にドイツへ渡航。